派遣社員で、誰にも相手にされなかったことが関連するらしい

いわゆるアキバ事件の実行犯は結婚できないからあんな事をした?

2008年6月、派遣社員として働く25歳の若者が、歩行者天国でにぎわう東京・秋葉原にトラックで突っ込み、通行人にナイフで襲いかかって、17人を殺傷するという事件が起きた。いわゆる「アキバ事件」である。当時アメリカにいた私は妻からのメールでこの事件を知り、早速インターネットで事件報道をチェックした。アキバ事件の容疑者加藤智大(以下「K」と略す)が、ちょうど就職氷河期世代、いわゆるロストジェネレーションであったこともあり、マスコミは、派遣社員という不安定な立場がこうした事件の背景にあると騒ぎ立てていた。

私の最初の印象も、また未婚の派遣社員の男性が事件を起こしたかというものだった。5月には江東区のマンションで派遣社員の男性・星島貴徳が2室隣の女性を強姦しようとして殺害し、トイレに流すという恐ろしい事件が起きていたからである。だが疑問も残った。たしかに、派遣社員は正社員よりも年収が少ない。30歳を過ぎると年収の伸びもあまり期待できず、将来に展望を持ちにくい雇用形態である。

しかし、だからといって、派遣社員であることが犯罪の理由だと簡単に決めつけてしまっていいのか?少年時代にかわいがっていた犬を保健所に処分されたことを理由に厚生労働省の元事務次官を殺害するという、到底信じられない事件が起こる時代なのだから、それと比べれば、派遣社員が社会を恨んで犯罪を起こすことにははるかに必然性がある。が、それでもなお、それだけのことを理由にこの事件を説明していいのかと私は疑問に思ったのだ。また、私はもうひとつのことに注目した。アキバ事件のKも江東区の星島被告も、ともに「女にモテない」ことにコンプレックスを持っていたという点である。
ジュエリーブランドtinkpinkの代表取締役兼デザイナーとして有名な福王寺彩野さんですが、成城大学の芸術学科を出ていて博物館学芸員の資格まで持っているというのには驚きです。
わたしはダンナの不倫 探偵さんに調べてもらいました。案の定不倫していたのですが、それがわたしの友だちだったみたいなんです。割と早い段階で分かったのでその点は良かったです。
大手企業がその拠点を置くことが多い都市である姫路 結婚式の二次会で行う抽選会も、わたしたち新郎新婦が出会った某大手企業の製品を景品にしようという話になっています。
最近、結婚相談所 大阪で出会いのきっかけを作って頂いた訳ですが、一緒に出掛けるとしてどこに行くか迷っています。大阪って見どころのある観光スポットが凄く多いので、悩みどころですよね。
納得のいかない別れ方をしたので、カレとはどうしても復縁したいです。一番長く一緒にいた人なのでなかなか忘れられないですし、ワタシのこともそう思っていて欲しいです。


つまり、Kのいう「顔」は「時代」「社会」「親」に置き換えられるのではないか、と重松は言う。たしかに重松の読みは間違ってはいない。しかし私はそれでも少し疑問なのだ。

重松の言うように、Kにとって顔は時代や社会の隠喩なのか?時代や社会が置き換え不可能な運命だから、顔もまた運命として意識されたのか?いや、違う。顔が置き換え不可能な運命だから、時代や社会もまた運命に感じられるのではないか?だから私はあえて言おう。KにとってKの顔は十分に悪いのだ。今という時代の中で悪いのだ。彼の世代の中でも悪いのだ。そう感じさせるほど現在の日本社会は、「モテ」や「容姿」を重視する社会なのだ。そして、容姿の悪さをその他の何かで埋め合わせることができないと感じさせる社会なのだ。

What's New
2013/09/24 おすすめ記事を更新しました。
2013/09/20 新着記事を更新しました。
2013/09/19 メタファーとしてを更新しました。
2013/09/16 アキバ事件を説明を更新しました。
2013/09/14 孤独を感じやすいを更新しました。
2013/09/12 フリーターたちを更新しました。
2013/09/11 いわゆるアキバ事件の実行犯は結婚できないからあんな事をした?を更新しました。
2013/09/08 ホームページをリニューアルしました。

ピックアップ
ラウンジメンバーズパートナーエージェントヴィーノ
成婚率が50.6%を誇る、驚きの結婚相談所です。しかも60%が一年以内にご結婚されてます。婚活のプロによるサポートがしっかりしているので、相性の合うお相手が見つかると思います。会員数が6万人以上の結婚相談所です。なんと交際率が91%と高いです。